タイで頻発する日本人同士の金銭問題

タイでは南国気質が人間の本質をも変えてしまうのか、借金をして踏み倒す日本人が非常に多いようです。

当事務所も設立以来、数えきれないほどの日本人同士の債権回収に携わって参りました。

日本人とタイ人の契約が、文化や考え方の違いから不良債権化するというのは仕方のないことです。

しかし、常識が同じ島国の日本人同士で貸し借りの約束が果たせないのは、日本人として悲しくてなりません。

もちろん、やんごとない事情がある方もいらっしゃいますが、その多くが最低限の連絡をするなど義務を果たしていない債務者がほとんどです。

では、日本人同士の金銭消費貸借契約はどのように結ぶべきでしょうか。

実は、お金の貸し借りが発生するその現場に本職の人間を同席させるべきなのです

当事務所は契約書を作成して目の前でサインしてもらい、第三者として証人になります。

また、契約書を日本語とタイ語で作成することでいざという時にはタイでの裁判も簡単に起こすことができます。

また日本語の契約書は日本で裁判を起こす際にも使用できます。

つまり、債務を完済させるにはタイに留まっても帰国しても追いかけられるという、心理的な圧力がどうしても必要なのです。

債務は基本的には債権者の督促がないうちに債務者自身の意思で完済するべきものです。

しかし一旦債務不履行になれば故意過失に関係なく債権回収に着手すべきです。

なぜなら、一旦そのような状態に慣れてしまった債務者が考えを改めて返済することは皆無に等しいからです。

債権発生時の契約書の作成は回収時のことを考えて作成せねばなりませんし、借りる方はそのような内容であることを理解した上で債務を負うべきです。

しかし、金銭のやり取りの際にはそこまでしないのが日本人の文化であり、後に問題になる原因でもあることを理解しなければなりません。

当事務所は、債権の状態によっては着手金なしで回収をお受けすることも可能です。

どのような債権回収でもまずは一度お問い合わせください。