当事務所の強み

1.実践に基づいた自社ノウハウ
当事務所代表は元来、自社開発サービスをタイ企業へ向けて販売していました。その後、売上は上がるものの回収ができないという問題が発生し、それを解決していく中で実際に債権回収ノウハウを社内に培ってきました。タイローカルの債権回収業者にありがちな「とにかく何度も電話する」といった単純なノウハウではありません。拒否すべきことは拒否しつつ、相手の言いなりにはならないようにしつつも、基本的には低姿勢で適切なタイミングと手法で連絡を取り続け、相手方に「支払ってあげたい気持ち」を醸成することで最終的に回収を達成します。

2.完全成果報酬型での対応も可能
債権の状態にもよりますが、債権回収額からの一定の割合のみを報酬とし、それ以外の一切の費用をいただかないような完全成果報酬型での対応も検討可能です。
ただし、未回収債権としてフォローしていたものが実際には支払済みであったり、貴社担当者の不正によるもの(相手方は既に営業担当に支払済み等)であった場合などについても報酬をいただく形となります。

3.タイ語のできる日本人担当者が対応
当社側の担当者はタイ語を理解できる日本人となります。貴社からの指示をそのまま回収員へ伝えるだけであったり、上がってきたレポートをそのまま貴社へ転送するだけのような対応はいたしません。日本人ですので日本的な考え方(貴社からの指示の真意)も理解しつつ、タイの文化、言語も理解していますので回収員への適切な指示、レポーティングが可能です。